お問合せ
年間営業日カレンダー

品質に対する取り組み

 当社では、受注~製造~物流の「全工程」が最適品質を提供するだけでなく、前工程の品質確認を行う「関所」として位置付けています。

これを生産機器の構成に反映させ、不良検出と流出防止のフローを構築しております。

製造プロセスと品質向上のフロー

製造プロセス

印刷工程

紙粉除去装置


【紙粉除去装置】

用紙に付着し、印刷の妨げとなる紙粉を除去することで、印刷不良の発生を低減しています。

連番印字と全紙連番印字機


【全紙 連番印字】                                                                                                          

印刷機に投入する全用紙に固有の連番を印字し、検査結果と照合することで、印刷不良を確実に除去することを実現しています。

インラインカメラ全枚数葉検査機

【インラインカメラ 全数 枚葉検査機】

印字と同時にインラインカメラによる全数検査を行います。


◆ 検査対象  

● 汚れ・ピンホール等の印刷欠点・印刷濃度や色調の変化


◆ 処置方法

● 連続発生・・・その場で印刷機長が修正する。『発生阻止アクション』を行います。

● 単発・・・欠点内容と用紙番号を次工程へ連絡する。『流出防止アクション』を行います。


◆ 次工程連絡手段

● 欠点発生用紙へのインサーター自動挿入による目視化

● 欠点発生の履歴データによるシート番号と欠点画像の伝達

打抜工程

番号読み取りカメラとインサーター






 

番号読み取りカメラ + インサーター】


 印刷工程から受け取った除去対象のシート番号を入力し、インサーターを挿入します。(給紙部のOCRカメラで除去すべきシート番号を数値化して判別します。)

 落丁工程では、このインサーターを目印に、履歴データにある不良の場所と不良画像で、現物を照合して的確に除去します。シート全体では無く、箱の展開体(ブランクス単位)で除去する事で、確実な除去と時間や用紙ロスの抑制を両立させ、生産性を維持しながら品質の確保を図っています。

オフライン検査

オフライン検査機


【オフライン検査機】


 従来の目視に頼る人為的なバラツキを機械化により標準化しました。

印刷時のインライン検査に加え、オフラインの工程で検査するため、求められる品質に仕上げる事が可能です。

防虫衛生管理

防虫衛生管理












 

【シートシャッター】【防虫ノレン】【エアシャワー

 製品に虫や異物が付着・混入しない様、建物の開口部は最小限にしました。

 入出荷を行う際に外部へ通じる物流通路は、全てシートシャッターや防虫ノレンを設置することで防虫対策に努めています。                                                                    

 特に製品が出荷用段ボールに収まる貼り工程の作業室は、入口にエアーシャワーを完備するなど、より高い次元のクリーンゾーンと定めています。

実際に従事する人の心構え、衛生習慣の定着、不測の事態の発生を防止するため、様々なルールや管理を取り入れて運用しています。


 【生産環境 全般】


 全館照明のLED化、印刷~加工エリアの全面プラスチックパレット化により、衛生面と防虫面の強化を図っております。

 

トレーサビリティ

品質保証



 全工程にわたるトレーサビリティを確保し、迅速な対象ロットの絞り込みが可能です。

このページトップに戻る